個人的に感じたケノンの4つの欠点

家庭用脱毛器ケノンを半年間使ってみて個人的に4つ欠点があると思ったので自分なりに書いてみます。

①結構寒い

冷やした保冷剤を肌に当てながら照射していくことになるので結構寒いです。
部屋をあったかくしても一部分が冷たいと全身が寒くなってしまうこともありました。
これは想定していなかったです。

②結構めんどくさい

当然ですが脱毛エステやクリニックで他の人に照射してもらうよりははるかにめんどくさいです。
照射や冷やしなど全部自分でやらなければいけませんから。
撃ち漏らしも常に気を付かねばなりません。
まぁ撃ち漏らしても分かれば後から照射すればいいんですが。

③結構痛い

私は脱毛については痛みより何よりも脱毛効果を最優先にしています。
なのでケノンで脱毛するときはいつもカードリッジの中でも一番強力なストロングでマックスであるレベル10で照射しているのですが結構痛いです。

途中で辞めたくなるような我慢出来ないような痛みでは全くないのですがエステ脱毛のほぼ無痛とは違うなと感じています。
ただしその分脱毛効果は明確に分かりそれは嬉しいですね。

④結構暇

照射中は結構暇です。
これが購入前からすると一番想定外なことでした。

ケノン照射はどこの部位をやる時も自然と両手を使うことになるので手を使う他のことが出来なくなります。
そしたらケノン照射自体は単純作業ということもありケノン照射中は案外、結構退屈な時間に感じました。

なので私はサッカーを見たり映画を見たりしながらやることが多いです。
Youtubeを見ながら照射するのもいいかもしれません。

ケノンとは全く関係ない私情になるのですがテレビで放映している映画を見ながらケノンを使うことが多いですね。
BDのレンタル代と返しに行く手間が勿体ないので。
ワープアなので数百円のレンタル代も節約したいんです。

統括

この4つが私がケノンに対して個人的に欠点だと思った部分です。
どの欠点の「結構」レベルで特別不満に思ってるという訳ではありません。
強いて言うならば…というレベルです。
私はケノンを買ったことに後悔は全くしていません。

以上のことから考えてケノンに向いているのはめんどくさくてもいいから安く脱毛したいわ!という人だと思います。
ワープアで貧乏性の私が正にそのタイプですね。
脱毛エステやクリニックに行くよりも確実に安く全身を脱毛出来ます。

ただ安く脱毛出来るだけではなく脱毛エステやらクリニックに行かなくても良いのは本当に楽でもあります。
それが目的ではなかったのですが、最近の脱毛エステやクリニックは脱毛人気の向上で思ったように予約が取れないところも少なくないですし、自分のペースで出来るのもケノンの大きなメリットだと思いました。

個人的にはケノンには大満足ですし買って良かったと本心として思ってます。
ただ欠点もあるよなぁ…と思ったので記事にしてみました。

ケノン購入は誰にとっても高い大きな買い物になると思うのでこの4つの欠点のことも考えて購入を検討してみてください。

ちなみに私も購入したケノン公式ショップはここからいけます→自宅で本格脱毛器「ケノン」公式ショップ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする